地震に対する工法について

地震に対する工法の種類

「地震に対する工法」については基本的に3つあります。
耐震工法、免震工法、制震工法です。

免震工法は地震の揺れを吸収し、建物に地震ゆれを伝わりにくくした工法で、実は昔の住まいは全て免震工法といえます。なぜなら昔の住まいは束石(地盤)の上に柱(住まい)を載っけているだけで現在の住まいのようにアンカーボルトで固定されていなかったからです(現在は建築基準法で基礎に固定されていない建物は禁止されています)。しかし昔と違い人口が増えた現在、郊外型の住まいならそれでもよいですが、地震がまち中で発生した場合、全ての建物が移動したら大変な問題が生じるのも事実です(だから建築基準法で禁止しているのです)。

それで従来より、利用されたのが耐震工法です。耐震工法は建物の骨組などの強化によって建物を守る工法でほとんどの建物がこれに該当します。

しかし最近、地震の強さを建物の強さで防ぐ(耐震工法)のではなく地震の強さを建物の鈍さで防ぐ方法が開発されてきました。それが制震工法です。人間の感覚で例えるならば水の中にいた状態です。

「地震に対する工法」については、免震工法が良いと云われています。たしかに大規模のビルなどではそうだとおもいます。しかし住まいではどうでしょう、例えば敷地に余裕がない(免震工法では揺れの移動距離分のスペースが必要)、メンテナンスがかかりすぎる、軟弱地盤に弱いという欠点を考えると、それに該当する敷地は限られます。

制震工法をおすすめする理由

通常、マルフジ建築研究所では耐震工法設計しておりますが、街中での住まいで「地震に対する工法」のご希望がある場合、上記の理由により制震工法設計をおすすめしております。

またマルフジでは木造耐震診断と制震工法を一貫しておこなうことができます。制震工法は既存の住まい(ただし木造)にも対応しやすいのでリフォーム時の改修おすすめめします。

尚、自治体によって差はありますが耐震改修に補助金がでますので、詳しくは自治体でお聞きください。

参考サイト